MENU

ゲーム以外の画質は?4Kテレビを買う時の注意と目に優しい設定

2020 11/18
ゲーム以外の画質は?4Kテレビを買う時の注意と目に優しい設定

PS5の発売に合わせてよく見かける、「せっかくだから4Kテレビに買い換えよう」というお話。
ゲームは関係なくとも、そろそろ欲しいなぁと思っている人もいるのでは。

私が以前4Kテレビを買った際に注意したこと、そして買った後に行ったことなど
簡単にですが書いてみようと思います。
環境次第では、焦って買い替えることもないですよ。
 

目次

4Kテレビで地上波はキレイにならない。むしろ汚く見えることがある

一番勘違いされていそうな点から書きますが、4Kテレビを買っても地上波の放送はキレイになりません
更に言うとぼやけたり荒く見えてしまう場合もあります。

今の地上波は、解像度が2K(1920×1080)に該当します。少し前まで主流だったフルハイビジョンテレビの解像度ですね。
その2K放送を、4K(3840×2160)の解像度に対応したテレビで表示するので、引き延ばすこととなり
ぼやけたりザラついて見えるのです。
今の高解像度のスマートフォンで、昔のスマホで撮影した写真や古い画像を見ると荒く見えますよね?それです。

色々な技術により綺麗に見えるよう処理はしてもらえるのですが、既に大きなテレビがある場合は買い換える方が満足度が落ちると思います
気になる方は家電量販店で見てみて下さい。

私の場合、大幅なサイズアップの目的や、地上波よりもネットコンテンツ視聴が増えていたことなどから4Kテレビを購入しました。

PS5のことを強く考えるならBRAVIAか

私自身テレビ業者の方やソニーの方とお話したことがあったり、現在BRAVIAを使っているということもあるのですが
PS5中心に考えるのであれば、BRAVIAを選択するのが無難かと思います
同じソニー製品として、開発時に調整の参考のメインにするでしょうし、相性という意味では間違いはないでしょう。もちろんゲームモードも完備です。

FF7リメイクなんかは、開発中からソニーと共同で確認を進め、BRAVIAを “タイトル公認画質” としています。
4Kブラビアが『ファイナルファンタジーVII リメイク』の世界をリアルに伝える

と言ってもどのメーカーも良いところがあり、明らかに劣るなんてことは無いと思うんですけどね。
私は以前まで長年REGZAを愛用していましたが、こちらのゲームモードも優秀ですし
個人的にはREGZAの上位モデルに備わっているタイムシフト録画が一押しです。ゲーム関係ないけど。

ただBRAVIAとREGZAだと、並べて比較した際にパネルの色合いが結構違います。
視野角の広さも含めて、ここはBRAVIAの方が上に感じた部分かな‥‥自分の目で、量販店でチェックしてもらえればと。
 

Ready for PlayStation 5は?HDMI2.1のテレビ

2020年夏、ソニーから「PS5に最適なテレビ “Ready for PlayStation 5”」として2製品を発表しました。
それがZ8H、X900Hの2機種です。

PS5のグラフィック処理能力を最大限に活かせるHDMI2.1に対応している、という点などから推されているのですが
これらの機種、まだ日本国内版が全く発表されていません。(2020年11月時点)

もし今持っているテレビが長年使えそうということであれば、HDMI2.1に対応したテレビを待つのも良いでしょう。
実際、今のPS5タイトルならHDMI2.0で十分とも思えますし。

もし今すぐ2.1対応のテレビが欲しい場合、LGから発売されておりますのでご確認ください。
世に出てから全然販売普及が進まないので、まだまだ時間はかかりそうです。

あわせて読みたい
Cinema HDR | LG NanoCell TV | LGエレクトロニクス・ジャパンListen. Think. Answer. See how LG OLED AI TV has changed your ways of watching TV.

ゲームプレイ時のテレビごとの遅延は?

対人ゲームをプレイしている方が気にするのが、パネルの遅延が小さいのはどのテレビなのかという点。

海外のサイトで各テレビの数値を計測していたり、そのサイト他の情報をまとめている場所もあるのですが、、、
そのデータが100%全て正しい、という確証がない以上、こういうところで記載するのは止めておこうと思います。申し訳ありません。

気になる方は、調べれば出てくると思いますので自己責任でご確認ください。
今の時代は有名メーカーのテレビであればどれも悪くはないですし、コンマほどの反応を気にするような人でもなければ
あまり考える事も無いですよ。
 

4Kテレビは眩しい?目が疲れる?買ったら好みの設定を

大型の4Kテレビを買って基礎設定のまま家で見ていると、多くの方が感じると思います。「まぶしい!」と。

家電量販店などでは長時間見ないと思いますし、店内が非常に明るくなっているのであまり気付きませんが
初期設定のままですと結構目が疲れます。

原因は明るさとコントラスト。これらの初期値って画面を綺麗に見せるために高いんですよね。
派手で明るく、明暗のくっきりした映像を見続けると間違いなく疲れるので自由に調整してください。

私はBRAVIAですが、同じBRAVIAの方の参考までに変更箇所を載せておくと

  • モード:ダイナミック→スタンダードに変更
  • 明るさ:20~25まで低下 明るさセンサーOFF
  • コントラスト:65前後まで低下 自動補正OFF
  • 色の濃さ:55前後まで低下

といった感じに調整しています。
一度ガッツリ見やすくしてから上げていくのが良いですよ。
 

焦って買わないよう注意

新型テレビはとても良いものですが、テレビって大事に使っていれば10年くらいもちますしね。
焦って買うべき品では無いと思います。

ご自身の環境などと相談し、必要であれば検討してみて下さい。
 

0

コメント

コメントする

目次
閉じる