MENU

PS5のコントローラー設定~ボタン配置やアダプティブトリガーなど【DualSense】

2020 12/05
PS5のコントローラー設定~ボタン配置やアダプティブトリガーなど【DualSense】

PS5のDualSenseコントローラーは、新たな機能も多く触っているだけで楽しいものです。
ハプティックフィードバックにアダプティブトリガーなど、新たなゲーム体験を与えてくれます。

とは言え、アダプティブトリガーはR2ボタンが重くなることで操作感に大きく影響するので
「オフにしたいなぁ」と思っている人もいることでしょう。
またPS5のタイトルから×ボタンが決定、〇ボタンが戻るという立ち位置になりましたが、慣れないので入れ替えたいという人もいるかも。

どこで設定するのかわからない><

という方もいるかもしれないので
この記事では、設定手順を伝えられたらと思います。
 

目次

コントローラ関連の設定場所

アダプティブトリガーとボタンの配置に関する設定は、同じ項目から行うことが可能です。
まずはホーム画面から、右上の「設定」を選びます。

 
設定項目一覧から、「アクセシビリティ」を選択。
アクセシビリティとは “アクセスのしやすさ” の事で、ITコンテンツでは「使いやすさ」を表したり設定する際に用いられます。余談でした。
 

 
アクセシビリティ内の上から3番目に「コントローラー」の項目がありますので、十字キーかスティックでそこまでカーソルを移動させてください。
 

 
この「コントローラー」の項目で、ボタン配置やトリガー設定、その他を行うことが可能です。
 

ボタンの割り当てをカスタマイズ

シンプルに “ボタン配置” と連呼していましたが、正しくは “ボタンの割り当て” だそうな。
「コントローラー」を選んだ状態で右キーか×ボタンを押すと、「ボタン割り当てをカスタマイズ」にカーソルが移動すると思いますので
ここで×ボタンを押して次に進みましょう。
 

 
ここが設定前の最後の画面です。ここで2アクション発生します。(簡単です)

まず、最初はオフになっている「ボタン割り当ての変更を有効にする」で×ボタンを押してオン状態にします。(下画像①)
そうすると、そのすぐ下の「ボタンの割り当てを変更する」が選択できるようになりますので、カーソルを移動させて×ボタンを押してください。(下画像②)
 

 
これで割り当ての設定画面が開きます。
 

 
あとは自由に選択するだけ。
下は、×ボタンを選択して×ボタンを押したときの画像です。(ややこしい)
置き換えたいボタンの一覧がリストで表示されています。
 

 
ここで選んだボタンの操作が割り当てられ‥‥というか
ベースで選んだボタンと、操作内容として選んだボタンの配置が入れ替えとなる形です
 

 
これで「適用」を選択すれば完了です。
×と〇を入れ替えた場合、直後(次の画面)から決定と戻るが入れ替わるので
恐らく大多数の人が操作をミスします(笑)
 

変更中のボタン割り当ては、この画面で表示してくれます

アダプティブトリガーの設定

アダプティブトリガーの設定も、アクセシビリティの項目にありましたね。
というわけで一旦ここに戻ります。
 

 
ここでボタン割り当ての時と同じように、今度は「トリガーエフェクトの強さ」という項目を選択しましょう。
 

 
×ボタンを押すと‥‥いや、もう〇ボタンが決定になっている状態で読んでくれているのか‥‥?

という細かい話はさておき、決定ボタンを押すと強さを四段階から選ぶことが可能になります。
お好きなバランスでどうぞ。
 

 
ちなみにアダプティブトリガーの設定については
「設定」の項目一覧の画面で、一番下の方にある「周辺機器」の項目から「コントローラー」に遷移しても変更可能です。
 

好みに合わせてゲームを楽しもう

せっかくの機能ではありますが、楽しんでもらうための機能を無理矢理使っていても
開発者の方も本意ではないでしょうからね。
設定を変えたい人も多そうな項目について、紹介させて頂きました。

他にもいろいろな設定項目がありますので、触って確かめてみて下さい。
 

PS5 関連の記事一覧を見る

ゲームレビューの一覧を見る

ゲーム業界のお話一覧を見る

0

コメント

コメントする

目次
閉じる